恋愛と結婚は違う

医学が進歩して、免疫値を下げないような治療をしていくことが可能になり、現在ではエイズは の感染がわかったからといってすぐに死にいたる病ではなくなった。しかし、完治はできないし、使える薬も限られている。それに、免疫の能力が下がってくれば毎日決まった時間に処方された薬を必ず飲まなければならず、飲むのを一度でもおこたると、その薬はすぐに効果を持たなくなる可能性がある。体内にその薬があっても増えてしまうウイルスが出現してしまうためだ。そういうウイルスを耐性ウイルスという。エイズの治療薬に用いられる薬は何種類かあるのだが、耐性ウイルスが出るたびに使える薬が減っていき、ついには治療不可能になる場合もある。恋愛と結婚は違うところが多いですので、←ここで出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。また近年では、感染したときに、すでに耐性ウイルスである例が増えていて、最近の国内の調査では、新規感染者の約五%で耐性ウイルスが見つかったという結果も出てい。闘う武器が最初から限られているということである。また、薬を飲み続けるのが大変なだけではなく、治療がはじまれば、その費用だってばかにならない。完治する薬が見つからないかぎりは、治療も出費も一生続く。そうしたら、お金だって大変だし、子供を作ることも困難になる。セックスすること自体、コンド ムを使えばかなり相手への感染をふせげるにしても、すごく気をつかわなければならない行為になるだろう。

コンドームを用いずにキミのオチンチンを女性の腫や虹門に挿入すると、相手が感染していたときには、キミも感染する可能性が高い。

EC079_L

WordPress Themes