学校での恋愛

学校のような隔絶された環境においては、少しの齢いが「お慰安航」としての意味を強く伊びるのだ。いいかえると、ちょっとばかりどれかの項目でがんばればーースポーツでいい成績をとるとか、女子にやさしくするとか、笑いで人気者になるとか||輝きを放っているように見える。また、とくにがんばらなくとも、相手の似する緊素が自分にあれば||性格が真っ直ぐだとか、シャイだとか||男気があるとか、それが魅力になる。安心してほしい。しょせん、じゃがいものざるの中、何のとりえもないキミでも、いいなあと思ってくれる人はきっといる。じゃなかったら、ふつうの人々がこんなに「恋愛」をすることはできないのだから。
どうしてこんな相手に惚れてと自分でも不思議になることがある。
出会いのチャンスはここにあります。→が、そこから先は自分で頑張らなきゃならない。ここを読んでいるあなたなら大丈夫。

けれど、「恋」に落ちるのが大した「恋愛資源」を持たない人であることはままある。
もちろん自分の恋愛資源もとくにポイントが向いわけではないので妥協してということも多々あるだろうけど、予想もしていなかった人にストンと「恋」しているケースもめずらしくはない。
すごくモテる人というのは、案外、自己主張が強かったり、独特の美意識を持った人ではなく、中庸な「タイプ」が多かったりする。それは、その中庸なところに、人が自分の見たいものを都合よく映し込むことができるからだ(個性が強すぎる人には、こちらの都合のよい錯覚を見ることはむずかしい)。人はそのスクリーンに自分の求めている何かを見るのだ。「恋」はそうして生まれているようにも思う。
MIX46002

WordPress Themes