「恋愛」することとセックスすることは必ずしも一致していない

セックスは人聞にとってこれ以いじないほどの快楽だけど、それによって女性の身体に危険を招きかねない行為でもあるし、いざ出産、子育てをするとなれば、いまのキミの人生の選択肢をかなりせばめることになる。
数十年前なら、「恋愛」することとセックスすることは必ずしも一致していなかった。「恋愛」はプラトニックな関係が中心で、セックスは結婚して初めて、もしくは結婚を前提にして初めてするような行為だった。が、いまや「恋愛」していれば相手とセックスするのが当たり前のことになっている。高校生で初体験を済ますのは男女ともに多いし、中学生でセックスを経験することだってもはやめずらしくない。だから「恋愛」をするものは、たとえいまセックスに踏み出すつもりがなくても、いつなんどきそういう関係にいたるかもしれない、と考えておくのが自然だろう。だとしたら、妊娠や性感染症について知っていることは、「恋愛」をするための最低限の資格条件だ。
セックスも、からだが成熟さえしてい避けていても、結果的にそのように行動してしまうことがありうる。
性の街動は人聞に対して強く働きかけるのだ。
とくにキミたち男子には!
仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、ここで→ 素敵な出会いを見つけてください。

たとえ周りに反対されようとも、社会の制度で認められていなくとも、そうした人の人間というのは理性だけで生きている存在では欲求は制御できない面があるのだ。「恋愛」の魔力によって背中を押されてしまうこともしばしばある。
子供ができたのは、駐に、僚らがただ避船を票を投じる責任を果たすことができないからである。妊娠や性感染症に関する知識もいっしょで、それを持たずして、大人の人間だとはいえない。
EC078_L

WordPress Themes